FASHION

Update:

ジュエリージャーナリスト、ベティ清水井が伝授♡

ここで買うなら、このジュエリー【ティファニー編】

ジュエリーの魅力と価値は、タイムレス。トップジュエラーの美意識や得意技が凝縮されたロングセラーアイテムを、ジュエリージャーナリストの清水井朋子さんがナビゲートします。 
第4回は、ティファニーで手に入れたいハートのジュエリーをご紹介。

恋のお守り!エルサ・ペレッティの“オープン ハート”

01/09

恋のお守り!エルサ・ペレッティの“オープン ハート”①

新しい出会いの季節である、春。それは、恋の始まりを予感させる季節でもあります。女子力を上げて恋を成就させるお守りになるジュエリーのモチーフといえば、ハート。多くのジュエラーが、さまざまなハートモチーフのジュエリーを展開しています。 
 
私の一番のおすすめは、ティファニーが展開している、エルサ・ペレッティの“オープン ハート ペンダント”です。無造作にひと筆で描いたかのような、ふっくらとアシンメトリーなハートは、まさに幸せの象徴。ハートにチェーンを通し、少し傾けて身につけるスタイルも、さりげなくて素敵。 
 
デザインを手がけたエルサ・ペレッティは、ティファニーの中でも特別な存在。1960〜70年代のファッション界、社交界のミューズとして活躍し、1974年、ティファニーのデザイナーに起用されました。自然や生命からインスピレーションを得て生まれる彼女のジュエリーは、どれも流れるような有機的なラインが特徴。私はそのタイムレスなデザインが大好きで、気がつけば東京で、ニューヨークで、ハワイで……と、自腹で購入したティファニーのジュエリーは、すべてエルサ・ペレッティのもの。なかでも“オープン ハート ペンダント”は、開かれた心の象徴であり、持つ人に自由と想像力を与えてくれる気がします。 
 

▲“オープン ハート ペンダント”の基本の“き”といえば、シンプルなスターリングシルバーのもの。シルバーというとプラチナやゴールドよりもカジュアルな印象の素材ですが、エルサ・ペレッティはこの素材の独特の風合いと肌に触れた時の感触を、こよなく愛したと言われます。ボーイフレンドにおねだりしやすいプライスも嬉しい限り。

ペンダント“エルサ・ペレッティ オープン ハート ペンダント”[SV×ダイヤモンド]¥81,000

Text:TOMOKO SHIMIZUI  ※表示価格は、ダイヤモンドのカラット数やグレードにより変動します。

清水井朋子さん 
Profile●ジュエリージャーナリスト。ヴァンドーム広場からボツワナのダイヤモンド鉱山までを取材。ヴァンサンカン、リシェス、婦人画報など多くのラグジュアリー誌でジュエリーに関する企画・構成・執筆を手がけ、その独自の切り口が高い評価を受ける。ニックネームはベティ。 
 
■問い合わせ先/ 
ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク tel.0120-488-712 

Pategop
http://bestseller-sales.com

best online stock broker

thailand-option.com