LIFESTYLE

Update:

西島秀俊さんと森山未來さんが語る映画への思い (後半)

映画『セイジ—陸の魚—』で共演を果たした西島秀俊さんと森山未來さん。先週に引き続き、日本の映画界をリードする彼らの貴重な語らいをお届けします。

interview

PROFILE●にしじま・ひでとし●1971年、東京都出身。大学在学中より活動。『ニンゲン合格』や『Dolls ドールズ』『サヨナライツカ』『CUT』などの映画や話題のドラマに多数出演。昨秋は「僕とスターの99日」で25ansの表紙を飾るキム・テヒさんとも共演。「テヒさんは、セリフのほとんどが日本語で大変だったのに、いつも準備万端。相当な努力家でまじめな方ですね」。現在、ドラマ「ストロベリーナイト」が放映中
スーツ¥207,900 シャツ¥35,700 ネクタイ¥15,750 ベルト¥32,550 靴¥69,300(すべてドルチェ&ガッバーナ/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン)
お問い合わせ先:ドルチェ&ガッバーナ ジャパン tel.03-6419-2220
 
PROFILE●もりやま・みらい●1984年、兵庫県出身。5歳からダンスを始め、15歳で舞台『ボーイズ・タイム』でデビュー。近作に、映画『フィッシュストーリー』『モテキ』『ALWAYS三丁目の夕日'64』、舞台『TANGO』『骸髏城の七人』ほか、多数のドラマで活躍。今年2月にはダンサーとして参加した世界的な振付家シディ・ラルビ・シェルカウイの作品『テヅカ TeZukA』の東京公演が話題になり、ワールドツアーにも参加予定
コート¥66,150 パンツ¥29,400(ともにシセ) 靴¥52,500(ヨウジヤマモト/ヨウジヤマモト南青山店)その他スタイリスト私物
お問い合わせ先:シセ tel.03-3411-7676 ヨウジヤマモト南青山店 tel.03-3409-6006

01/03

西島秀俊さんと森山未來さんの撮影秘話

森山さんが演じるのは、物語の語り手、「僕」。学生最後の夏に出た自転車旅行で、山間のドライブインの店主セイジに出会う。時々に発する言葉や行動に、生きる意味への問いすら感じさせる不思議な存在です。
 
西島:人間より自然に近くて、余分なものがないイメージがセイジにはありました。もしかしたら残酷な面もあるし、周りで起きていることにはほぼ関わらずに俯瞰で見ているような。この撮影の前後、『CUT』という別作品で心身をかなり追いつめてたんですが、その研ぎ澄ました感じのままで、このセイジの役に入るのがふさわしいなと思いましたね。
 
―森山さんは、作中「旅人」と呼ばれる“僕”を演じるのに、自転車で日光の山奥のロケ地まで行ったとか。
森山:「これで『お〜い、旅人』と呼ばれても大丈夫な気がする」って、自分が納得したかったんです。
 
西島:それを僕らには言わずにね。森山くんも普通じゃないよ(笑)。
 
―終盤、セイジがひとりの少女のために取る行動は、衝撃的ですね。
西島:脚本段階でも賛否両論だったと聞いてますが、人を救うには、これだけの対価を払わなきゃいけないんだよって、セイジはすごくわかりやすく見せてます。僕自身も、自分が動かずに何かに到達することはできないってことは感じてますね。

Photos : MIDORI TSUNODA
Styling : TAKAFUMI KAWASAKI [Mild inc](Mr.NISHIJIMA), MAYUMI SUGIYAMA (Mr.MORIYAMA)
Hair & Make-up : MASA KAMEDA [aiutare](Mr.NISHIJIMA), MOTOKO SUGA(Mr.MORIYAMA)
Text : MAYUMI YAWATAYA

Pategop
домофоны

электронные замки

steroids austin