PRINCESS

Update:

キャサリン妃♡Royal Diary

by にしぐち瑞穂
キャサリン妃(キャサリン・エリザベス "ケイト" ミドルトン=Catherine Elizabeth "Kate" Middleton)の最新情報をお届けします。公務速報はもちろん、ファッションや裏ネタなど、キャサリン妃をはじめとする英国ロイヤルファミリーのすべてが盛りだくさん。

超ラブリー♡エリザベス女王の鉄板カラー ピンクで孫たちとガーデンパーティ!

Photos:Getty Images

超ラブリー♡エリザベス女王の鉄板カラー ピンクで孫たちとガーデンパーティ!

今年3度め、エリザベス女王にとって2回めとなるガーデンパーティが、29日(水)開催されました。
この日、女王に同行されたのは、ハリー王子とベアトリス王女&ユージェニー王女の従兄妹同士のみなさま。

GettyImages-1146890267

ちょうど1年前といえば、同じくガーデンパーティに、ロイヤルウェディング直後のメーガン妃&ハリー王子が初公務としてお揃いで出席されていたことが思い出されますが、今年は、メーガン妃はアーチー君とお家に。
ご結婚から1年後には、すでに子育て奮闘中、という事実に、このおふたりの展開の速さをまた実感したり。

そして超イクメンパパは、この日は育児から離れ、お仕事。
それも納得、実はこの日、ガーデンパーティの前にバッキンガムパレスでは、30日からイングランド&ウェールズで開催されている、クリケットW杯に先駆け、参加チームのキャプテン10名が招待をされ、エリザベス女王、ハリー王子とお会いになりました。
おふたりはキャプテンたち全員と握手をされ、サッカー同様4年に一度!のクリケット・トーナメントの開催国として、激励されました。

その後、パレスの外で恒例のガーデンパーティがスタート!

もちろん、ここにも選手たちは参加されたようです。

やはり、何と言ってもこの方に視線は釘付け♡
エリザベス女王のピンクファッションが可愛い!!!!!失礼を承知で、もはやこの形容詞しか浮かばないほど、お歳に関係なく可愛い♡もちろん、美しいのはいうまでもなく。

前回のガーデンパーティでキャサリン妃が出席されていたピンクのお洋服とも色が似ていますが、やはり女王の圧巻の輝きたるや、誰も叶うはずもなく。
ノーカラーのコートには白でトリミングがなされた、なんとも上品&上質な逸品。そしてお帽子!
お花をイメージされたデコレーションが、なんともゴージャスで上品!ホワイトヘアにパールネックレスが、美しすぎてうっとり。

GettyImages-1146873446

バッグはロウナー。パテント素材を選ばれているところもキーですね。ペールピンクには、むしろ光沢のあるパテントの方が、ピリッとアクセントになり、モダンでスタイリッシュに見えます。
靴は、ご愛用のアネロ・ダヴィード。お洋服は変われど変わることのない、こちらのビット付き鉄板シューズが、常に女王の御御足をサポートしています。
 

GettyImages-1146871190

そして何と言っても最後の仕上げは、フルトンのビニール傘!
お洋服に合わせられ、こちらも当然のピンクですが、これがなんとも見事なアクセントとなっていますね♡
思わず色違いで、同じカラーを欲しくなった私(笑)

前回同行されたのがウィリアム王子ならば、この日はハリー王子!モーニングにトップハットの正装姿のハリー王子と、イトコのプリンセス姉妹は、花柄に、ヌーディーカラーのドレスで華を添えられました。

GettyImages-1146890265

ベアトリス王女のフローラルドレスは、The Vampire's Wife (ザ・ヴァンパイアズ・ワイフ)のもの。
このブランドは、米ジェニファー・アニストンやマーゴット・ロビー、シエナ・ミラーなども愛用しているブランド。
ガーデンパーティの名の通り、フラワープリントがこの場に完璧なのはいうまでもなく、パフショルダーに、フリルの袖。ティアードのミディ丈スカートと、色・柄・デザインすべてにおいて、ベアトリス王女にお似合い。そしてこの場にも完璧。
パンプスは黒、お帽子ではなく、ヘッドバンド型のヘッドドレスを合わされ、これもとてもお似合い♡
お顔立ちがクッキリ&ハッキリの王女だからこそ、華やかで濃い色のコーディネートも、負けません。
そして、実は注目はバッグ!
籐のバッグはなんとザラ!季節感のある、しかもファストファッションアイテムをあわされるとは、お上手!

かたや、ニュートラルカラースタイルのユージェニー王女。
ラップにプリーツスカートの半袖ドレスは、サンドロ・パリ。
同系色の小物でまとめられたコーディネートは、色白のユージェニー王女にとってもお似合いで、上品。
この日は全体的に控えめにされて、と思いきや、足元はどうやらシルバーのパンプス!
このように、どこか一点に、エッジの効いた何かでアクセントをつけると、オシャレ感がアップします。

お帽子は、おふたりともカチューシャ型のヘッドドレスをチョイスされていたのが興味深いですね。
ここにキャサリン妃の影響あり?先日ガブリエラ令嬢の結婚式では、ピッパさんもカチューシャ型だったように、もしや英国のお帽子トレンド?少なくとも、英国プリンセスたちの最新お帽子トレンドは、もっぱらカチューシャタイプ!のようです。

昨年ご結婚をされ、余裕と安定感を感じるユージェニー王女と、お綺麗になりファッションにも磨きがかかってきたと思しき、ベアトリス王女は交際も順調そう。家族ができて幸せを実感中のハリー王子と、生まれながらのプリンス&プリンセスの皆様からは、それぞれのハッピーな空気を感じました。

スコットランドのホリールード宮殿を含め、女王のお気に入りイベントも、残すところ2回。
そして6月は、英国王室イベントが満載な月でございます。

Text:MIZUHO NISHIGUCHI

1

"英国王室ウォッチャー"  にしぐち瑞穂
TVアナウンサーや雑誌等、スタイリストとして長年活躍。イギリスに恋に落ち、勢いでロンドン留学。帰国後始めたブログがきっかけで、気づけば英国王室・キャサリンSTYLEウォッチャーとしてまっしぐら。著書『』が好評発売中。
(キャサリン妃&英国情報UP中☆)