PRINCESS

Update:

キャサリン妃♡Royal Diary

by にしぐち瑞穂
キャサリン妃(キャサリン・エリザベス "ケイト" ミドルトン=Catherine Elizabeth "Kate" Middleton)の最新情報をお届けします。公務速報はもちろん、ファッションや裏ネタなど、キャサリン妃をはじめとする英国ロイヤルファミリーのすべてが盛りだくさん。

ジョージ王子、デリバリーが来たときのおきまりのお仕事発覚!

Photo:

ジョージ王子、デリバリーが来たときのおきまりのお仕事発覚!

ただ今5歳、ケンブリッジ公爵家の長男ジョージ王子は、ロンドンのトーマスズ・バタシー校の一年生。
先日チェルシー・フラワー・ショーの一般公開前、キャサリン妃のお庭をご覧になった際、初見こそシャイで慎重そうだったものの、すぐに裸足になり駆け回って遊ばれていたジョージ王子。
できる限り、一般の子供たち同様にノーマルな子供時代を過ごして欲しい、というキャサリン妃&ウィリアム王子の願い通り、のびのびとお育ちの様子が伺え、見ているこちらまでほっこりさせられました。

アウトドア好きで、可能な限りの時間を、ご一緒に外でお過ごしになっているケンブリッジ公爵ご一家は、お子さまたちのスクールが休暇に入ると、ロンドンはケンジントンパレスよりも、海外旅行よりも、自然豊かなノーフォーク州のアンマーホールでお過ごしになることが恒例となっています。
結婚を機にエリザベス女王から贈られたこのお家は、2015年以降飛行禁止空域となっているため、ご一家のプライバシーが最大に守られていることもキー。特に、子供たちを外で思いっきり遊ばせられるというのは、ご夫妻にとって何より安心というものでしょう。

そんな郊外でのリラックスされた生活の中で、ジョージ王子にすでに重要な役割があることが明らかになりました!
英国王室御用達のスーパー、ウェイトローズの車がアンマーホールにデリバリーに来ると、なんとジョージ王子がウィリアム王子とともに玄関に出てこられるのだそう!!そして、配達された荷物を運ぶお手伝いをされるのだとか!!!
しかも、どれを運ぶべきかをちゃんとお尋ねになった上で、というから、さすが。よって、とっても役立つ存在となっていらっしゃるよう。

どうやら、これがもはや恒例となっているというから、実はこのお役目、ママから任命されたのかも?
一方のシャーロット王女は、ママとキッチンでお料理のお手伝いとか?

ウェイトローズといえば、キャサリン妃のご愛用スーパー。ご結婚当初からロンドンやノーフォーク州でのお買い物姿が目撃されており、昨年もノーフォーク州の支店で、沢山エコバックを持参でショッピング。買い物後も、ご自身で愛車ランドローバーに荷物を積みこむ姿も目撃されていました。
しかし、やはり日々デリバリーが中心ではあるのかも知れませんね。

兎にも角にも、お手伝いさんやキッチンスタッフの方等が受け取りをするのではなく、ご本人達が直接ドア口に出てこられるとは、ビックリ。配達する方がむしろ驚いてしまいそう。
しかもそのお相手は未来の国王おふたり! ドアを開け、お買い物を引き取り、運び入れられるなんて、想像しただけで感動♡そして素敵。

やはり、常々の私の推測通り、家では妻キャサリン妃が強し!?(笑)
キャサリン妃とシャーロット王女、2人の女性が仕切っていらっしゃる様子が推測で浮かびます(笑)。
一般と同じく、ロイヤルご一家だって、やはり家庭円満の秘訣といえば、このバランス!?なのでしょう。

それにしてもジョージ王子は、とっても優しいプリンスに成長されているようですね。
先日のチェルシー・フラワー・ショーでも、キャサリン妃が造られたお庭の評価を、10点中20点!と言って、ママを大よろこびさせた王子。さすがの英国プリンスは、5歳でもう立派な紳士のよう♡

ウィリアム王子&キャサリン妃は、王位継承順位第3位のジョージ王子を、思いやりのある、かつ現代にふさわしくお料理やお手伝いもできる、未来の英国王紳士にお育てになっているようです。
公の場でこそシャイで慎重に見える王子ですが、かたやスクールではひょうきんキャラで人気、とも言われています。
無理を承知であえて言わせていただきますが、こんな息子が欲しい(笑)。

Text:MIZUHO NISHIGUCHI

1

"英国王室ウォッチャー"  にしぐち瑞穂
TVアナウンサーや雑誌等、スタイリストとして長年活躍。イギリスに恋に落ち、勢いでロンドン留学。帰国後始めたブログがきっかけで、気づけば英国王室・キャサリンSTYLEウォッチャーとしてまっしぐら。著書『』が好評発売中。
(キャサリン妃&英国情報UP中☆)