PRINCESS

Update:

キャサリン妃♡Royal Diary

by にしぐち瑞穂
キャサリン妃(キャサリン・エリザベス "ケイト" ミドルトン=Catherine Elizabeth "Kate" Middleton)の最新情報をお届けします。公務速報はもちろん、ファッションや裏ネタなど、キャサリン妃をはじめとする英国ロイヤルファミリーのすべてが盛りだくさん。

メーガン妃 セリーナ・ウィリアムズ選手の応援にウィンブルドン登場!

Photos:Getty Images

メーガン妃 セリーナ・ウィリアムズ選手の応援にウィンブルドン登場!

キャサリン妃ミドルトン家のみならず、メーガン妃もウィンブルドンに登場!
時間は遡りますが、4日(木)、アメリカの独立記念日であるこの日、米ノースウェスタン大学時代の友人たちと一緒に観戦されたメーガン妃。

その目的は、セリーナ・ウィリアムズ選手の試合観戦!もちろん応援ですね。
同い年で、出会って即意気投合し、それ以来数年のお付き合いというウィリアムズ選手とメーガン妃。大きな話題となったNYでのベビーシャワーの際には、ウィリアムズ選手がホスト役とも、全経費を支払ったとも言われています。
思い起こせば、メーガン妃とハリー王子が出会った2016年の夏というのも、メーガン妃はウィリアムズ選手の試合を観戦するため、ウィンブルドンに。ロンドンに滞在中でした。きっと王子とのことも始まりからすべて親友セリーナさんには話されていたのでしょう。

そんなテニス界の女王がこの日対戦したのは、スロベニア出身の18歳カジャ・ジューバン選手。
そして応援するメーガン妃のお隣には、ジュヌビエーブ・ヒルズさんとリンジー・ロスさん。ともに大学時代からのご友人で、ジュヌビエーブさんもまたベビーシャワーの時にセリーナさんと一緒にホスト役を務めたと言われている人物。一方、リンジーさんの結婚式には、メーガン妃が「SUITS/スーツ」の撮影中にも関わらず、メイドオブオナーとして駆けつけられたというから、その親密度もうかがえるというもの。
ロイヤルボックスから仲良しグループが見守る中、セリーナさんはやはり勝利!ベスト8へと進み、そして昨日9日には、同じく米国のアリソン・リスク選手を破り、2年連続ベスト4入りを決めました。
こちらも楽しみ!再びメーガン妃の姿も見られる予感。

この2日後には、ご存じアーチーくんの洗礼式が行われたわけですが、この日メーガン妃を取り巻く3人の女性たち全員が、アーチーくんのゴッドペアレンツとして推測されている人たちです。未だ真実はあかされぬまま、ですが。

現在まだ、一応は産休中のメーガン妃。
5月に出産されて以来、トゥルーピング・ザ・カラー、メジャー・リーグに続き、今回が3度目の公の場登場!
そして2度目となるウィンブルドンですが、そういえば昨年はキャサリン妃とご一緒にサプライズ登場され大きな話題となりました。なぜなら不仲説が出た後だったから。もう今後、2ショットを拝見することはないのかも?と思うと、なんだか切ない。

それはさておき、では今年初メーガン妃のウィンブルドン ファッションは〜!
モノクロコーデに、スキニー・ブルーデニムといった、スマートカジュアルなスタイル。

GettyImages-1160052226

白地に黒のピンストライプのオーバーサイズジャケットは、ラジャンスのもの。昨年のロイヤルツアー中、オーストラリアでお召しになっていたものを着回しですね。
中には黒のカットソーとブルーのアウトランド デニム。サステナブルなモノづくりをしているこちらのブランも以前から愛用されているものです。

そしてアクセントとなっているのが、ソフト帽とサングラス!
Madewell x Baltmoreのこのパナマ帽は、メーガン妃にとってマスト”のウィンブルドン アイテムのようで、ご結婚される前から、この場所でよく被って所が目撃されていました。
サングラスはニューで、フィンレー。
やはりデニムの足元はパンプス!メーガン妃の定番マノロ・ブラニクが、女性らしさをプラス。

GettyImages-1160063769

そして、もうひとつ、この日最も注目のアイテムが首元に!
繊細なネックレスには「A」というイニシャルが。明らかにこの「A」とは、アーチーくんのお名前でしょう。
Verse(バース)のもので、デザイナーによると、昨年メーガン妃がハリー王子とオーストラリアを訪問された際に、側近を通じてプレゼントされたそうです。
メーガン妃の登場直後にはオーダーが殺到し、ブランドのHPは2度もクラッシュしたとか。
アンチも多いけれど、メーガン妃効果も実は健在、というのが興味深いですね。

先週登場されたキャサリン妃と偶然にもかぶった、モノクロのウィンブルドン ファッションですが、カラーコーデは同じでも、こうも雰囲気が異なるんですね〜。
だからやっぱり、ファッションは語る!
フェミニンでスタイリッシュなドレス姿を披露のキャサリン妃に対し、トレンド感のあるカジュアルスタイルがお得意のメーガン妃。

これからいよいよウィンブルドンも最終決戦。
おそらくキャサリン妃もメーガン妃も、観戦が予想されますが、次回のおふたりのファッションも楽しみです。

>>ウィンブルドン2019 観戦セレブのファッションチェック

Text:MIZUHO NISHIGUCHI

1

"英国王室ウォッチャー"  にしぐち瑞穂
TVアナウンサーや雑誌等、スタイリストとして長年活躍。イギリスに恋に落ち、勢いでロンドン留学。帰国後始めたブログがきっかけで、気づけば英国王室・キャサリンSTYLEウォッチャーとしてまっしぐら。著書『』が好評発売中。
(キャサリン妃&英国情報UP中☆)