PRINCESS

Update:

キャサリン妃♡Royal Diary

by にしぐち瑞穂
キャサリン妃(キャサリン・エリザベス "ケイト" ミドルトン=Catherine Elizabeth "Kate" Middleton)の最新情報をお届けします。公務速報はもちろん、ファッションや裏ネタなど、キャサリン妃をはじめとする英国ロイヤルファミリーのすべてが盛りだくさん。

メーガン妃&アーチーくん一家で初の海外ツアーがスタート!

Photos:Getty Images

メーガン妃&アーチーくん一家で初の海外ツアーがスタート!

ついにはじまりました、初のご一家揃ってのロイヤルツアー!
南アフリカ10日間の旅でございます。ケープタウンを軸に、メーガン妃はその街での公務、ハリー王子はボツワナ、アンゴラ、マラウィもご訪問をされます。
王子にとっては「第2の故郷」と言えるアフリカの地に、ついに愛するご家族と一緒に訪問が叶ったことをとてもおよろこびになっているようです。
加えて、思い起こせば2016年に王子とメーガン妃が出会ってすぐに、時間を共にされた場所もボツワナでしたね。まさにおふたりにとって、思い入れの深い場所です。

23日朝、ロンドンからケープタウン国際空港に到着されたハリー王子&メーガン妃ご一家。お姿が目撃されるも、ここでの公式な歓迎式典等はなし。
ということは、正式なツアースタート&登場は最初の訪問先ということになります。

アーチーくんはナニーとお留守番、残念!と思うもそれも納得。
なぜならご夫妻が到着されたのは、ニャンガというケープタウンでも殺人が最も多い危険エリア。なんと毎年206人に1人が死亡するというから驚き以上です。当然のごとく、おふたりの訪問にあたり、セキュリティもかなり強化されていた模様。

そんな状況下でもおふたりが訪問されたのは、子どもたちや女性たちのエンパワーメントを支援するため。
実は、エリザベス女王のチャリティ財団「クイーンズ・コモンウェルス・トラスト」によってサポートを受けている非営利団体ジャスティス・デスクの活動を視察されたメーガン妃とハリー王子。
ここで行っている、子どもたちへの自分の権利や安全に関する教育や、若い女性たちのための自己防衛やエンパワーメントのトレーニングなどをご覧になりました。
同時に、音楽やダンスなど、この地での文化にも触れられました。
女性ダンサーたちに誘われるがまま、ノリ良く一緒に踊られたメーガン妃に対し、少しシャイなご様子も見えた王子に、ご夫妻のバランスを見たり(笑)。
でも子どもを前にすると、いつでもどこでもノリノリでナチュラル全開なプリンスです。

そしてもはやこのご夫妻には恒例となりつつある、それぞれおふたりのスピーチも。
まず「女性に危害を加えるために生まれてくる男性はいないのです。あくまでも学習行動であり、その悪循環を断つべきなのです。」とハリー王子がジェンダー・ヴァイオレンスに関して話されると、メーガン妃は「夫とともに、ロイヤルファミリーのひとりとしてここに滞在している間、私は、ひとりの母として、妻として、女性として、有色の女性として、そしてあなたの姉(妹)としてあなたたちと一緒にここに立っています。」と、やはりアツいメッセージ。

GettyImages-1176587327

思い返してみれば、メーガン妃の口から”有色の肌をもつ女性”といった表現はこれまで一度もありません。初めて”カラー”という言葉を使っての表現に、ロイヤルファミリーの一員となられ、また英連邦アンバサダーの妻であるという意識、もしくは決意のようなものを感じ、勝手ながら感動しました。
今回のロイヤルツアーで、ここ最近のメーガン妃に対する批判モードが一転することを予感。そして期待です。

では、南アフリカツアー最初のメーガン妃ファッション!
これもちゃんと心得たものをピックアップされましたね。
「Mayamiko」という、アフリカのフェアトレード、エシカルなブランドをピックアップ!
黒地に白のアフリカの伝統的なプリントのコットンのラップドレスがお似合いです。
ここでもモノトーンを選ばれたことで、スタイリッシュにも見えますね。さすが。

足元もドレスに合わせたサマーサンダル。キャサリン妃もご愛用のカスタネールのエスパドリーユです。
ピアスはターコイズのスタッズのもので、予てからご愛用のジェニファー・メイヤーのもの。
手首には、”ジャスティス・デスク”のチャリティアイテムのブレスレット。これは、この日地元の子どもたちに贈られたものだそうです。

GettyImages-1176557685

初日、最初のメーガン妃ファッションは、現地に敬意を表したスタイルと、批判の余地なし!といったところで、個人的にはホッと一安心(笑)
ご夫妻はすでにとってもリラックスされているご様子でしたが、ツアーは始まったばかり。これからどんどん行きますよ〜。私がついていけないかもしれない(笑)。

言動にファッションに、メーガン妃のイメージアップ作戦に注目です。そしてアーチー君の登場には、世界中が心待ちのことでしょう。
ちなみに、空港に到着された際、メーガン妃の腕の中でチラリとアーチーくんのお姿も!
その時、白のポンポンがついたニット帽を被られていたご様子が、かつてダイアナ元妃に抱かれていたハリー王子のお姿とソックリ!
その時の様子をお見せできないのが残念!ですが、ダイアナ元妃&ハリー王子の写真から、推測くださいませ。

GettyImages-79729546

さて、どこでアーチーくんのお姿を拝見できるのか!楽しみです

>>ツアー2日目、ファッションはお得意のカジュアル&ヘッドスカーフ!

Text:MIZUHO NISHIGUCHI

1

"英国王室ウォッチャー"  にしぐち瑞穂
TVアナウンサーや雑誌等、スタイリストとして長年活躍。イギリスに恋に落ち、勢いでロンドン留学。帰国後始めたブログがきっかけで、気づけば英国王室・キャサリンSTYLEウォッチャーとしてまっしぐら。著書『』が好評発売中。
(キャサリン妃&英国情報UP中☆)