ニュース

Update:
2017/08/21

『YUMI KATSURA』PARIS 2017-18秋冬コレクション ―自然の目覚め―

洗練されたウエディング・ドレスで世界中を魅了し続けるカリスマデザイナー『ユミカツラ』。日本が世界に誇る「友禅」の技術が、きものの衰退とともに失われていくことを憂い、5年ほど前から現代のファッションに「友禅」を生かすことに取り組んできました。「2017-18秋冬パリ・オートクチュールコレクション」では、2015年より引き続き、日本画をモチーフにした作品を発表。伝統の技が光る唯一無二のドレスが次々と登場しました。

⑨俵屋宗達の白象をモチーフに西陣織で表現したドレスコート20170704_yumi-katsura-0513

今季のテーマは「自然の目覚め」。

一昨年の尾形光琳、伊藤若冲に続き、今回は鈴木基一、俵屋宗達をメインイメージに。基一の「夏秋渓流図屏風」や「朝顔図屏風」にみられる強烈な色彩対比、宗達の観るものを圧倒する「白象図」の大胆な奇抜さに感銘を受け、これらの魅力を、西陣織や手描き友禅、刺しゅうなどで表現したのです。前回好評だった鶴、龍、海老、蛸といった動物モチーフの代わりに、今回は、宗達の白象を取り上げ、独特の力強い曲線で描かれた巨大象をミニドレスやロングドレスに表現。個性的な造形美と、鮮やかな色彩のコントラストが魅力を放つ、全25作品を披露しました。

⑫ラストに登場した三位一体の和蘇ドレスと桂由美20170704_yumi-katsura-0725

ショーのラストを飾ったのは、越前和紙による三位一体のウエディング・ドレス。孔雀のように広がった羽をもつドレスは、演出効果抜群で、大きな喝采と共に盛大なフィナーレを迎えました。

お問い合わせ先/ユミカツラ(広報室) tel.03-3403-2577(月~金曜)

from ELLE mariage

Pategop
купить подушки пуховые